客とスタッフの心地良い距離

客とスタッフの心地良い距離

店舗の内装で大事な点はデザインと居心地、コンセプトと機能性です。ただこれだけでは足りず、もう一つ付け足すと良いのが、客とスタッフの動線が被らないようにすることです。机の並びのせいで動きが制限されると配膳にも影響を与えます。効率良く動けるように設計すれば、客とスタッフの動線が被らずに済み、衛生面でも清潔です。

最適な座席数を決める

座席数が多ければ利用客も増えるため売り上げもアップします。けれども隣の席とあまりにも近い場合は、体が当たってしまうので、居心地が良くなく、ストレスを感じることもあります。そのためある程度の余裕を持って座席を確保することが大事です。

店舗の雰囲気を決めるレジの場所

客席からレジの中身が見えると不用心であり雰囲気も壊してしまいます。けれどもスムーズに会計を済ませるには出入り口付近が最適です。またタブレットを用いた会計システムを導入すれば、客やスタッフの邪魔にならず、レジ回りもスッキリできます。

コンセプトに合わせて選ぶ

店舗デザインは全体の統一感を大切にします。外観と内装があまりにも違ったり、ちぐはぐになってしまうと、イメージが崩れてしまうからです。コンセプトに合っているのか、ターゲット層が好む内装になっているのか、これらの点をチェックしていくと良いでしょう。

店舗デザインのまとめ

店舗デザインはターゲット層が好む内装を取り入れると良く、機能性や雰囲気、座席数なども重要です。リピーターを増やしたいなら、客にとって便利で居心地の良いデザインは何かを模索することが大事です。

内装工事は建物内部の床や壁、天井の仕上げ工事のことです。内装のコンセプト作りをきちんと行い、工事の目的を明確にすることが成功のカギです。