東京23区よりも明確に緑豊かな多摩地区の魅力

東京23区よりも明確に緑豊かな多摩地区の魅力

まず地域に多摩地域の範囲について

多摩地域とはどこまでを指すかは意見が分かれるものの、この文章では東京都の中の東京23区(+離島)を除いた地域を定義してお話しします。所沢や相模原あたりは除外させてもらいます。

多摩地区の魅力はやはり緑の多さ

東京23区と比べた多摩地区の魅力はやはり、23区と比べて緑豊かなエリアである点です。特に奥多摩地域はもちろんのこと、多摩丘陵エリアは都心からも近いのに明確に都心とは違う景色が広がっています。

多摩丘陵エリアは電車で都心まですぐ

多摩市を中心とする多摩丘陵エリアは奥多摩地域と比べてかなり都心の近くにあります。そして、電車でも30分前後で都心まで着くものの、小さな山や丘を開拓して住宅街が作られており、今でもほとんど手つかずの里山や森林も多数残っています。そのため、休日などはわざわざ田舎のほうに行かなくても、身近な場所に自然と触れ合えるスポットが沢山あり、都心のベッドタウンとして魅力的な地域です。

発展が進む都市もあり

多摩地域は、たしかに東京23区と比べるとお買い物に便利な街は少なめです。ただし、立川駅と八王子駅付近は大変発展が進んでおり、特に立川周辺は新宿・池袋同等の発展度合いとなっています。そして、立川駅や八王子駅へは多摩地区の各場所から電車で行きやすい場所にあるため、大きなお買い物のため、都心に出る必要もありません。

山梨・長野へもアクセスしやすい

東京都心から山梨・長野方面に行くのは大変時間がかかります。それに対し、立川・八王子あたりから特急あずさ・かいじに乗れば富士山や八ヶ岳・松本方面まで都心より早く行け、日帰り電車旅行も十分できます。

多摩センターの賃貸は、複数の公園へ徒歩でアクセスできる他、人気のテーマパークも近くに存在するため、子育て環境に大変優れています。